ラミレス家の花嫁Ⅲ 麗しきレッスン/サンドラ・マートン,アリスン

ラミレス家の花嫁Ⅲ
ハーレクインコミックス・ラミレス家の花嫁シリーズもとうとう第三弾、『ラミレス家の花嫁Ⅲ 麗しきレッスン』は三部作最後の作品です。エンリケ・ラミレスの置き土産の目的も明らかになるのでしょうか?

▼ラミレス家の花嫁を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】




原作者はサンドラ・マートン、作画はいつものアリスンです。舞台はブラジル、ヒロインは三作の中では最も「令嬢」の名にふさわしい、というか「お姫様」のような?

南米は大時代な習俗が残っていたりするそうですが、さすがにこれは無いでしょう。まるで幽閉された姫君を思わせる僧院?修道院?いーえ、これは修道女学院。一応学校ではあります。

ヒロインのカタリーナさんは21になるまでの8年間全くの男しらず。セックスやキスはもちろんのこと、若い男を間近で見る機会すらないという、囚人のような暮らしを強いられてきた、完璧な箱入り娘なのです。

一方お相手のジェイク。ラミレス特有の黒髪・緑の瞳をもつ、容姿に優れたとびきりの美男、そして飛び切りの金持ち。

本作『ラミレス家の花嫁Ⅲ 麗しきレッスン』はラミレス家の花嫁三部作、最後のエピソードなわけで、「まとめ」的なストーリー展開となっています。

振り返ってみれば、ラブレス家の花嫁シリーズのヒロインってみな、気が強いというか芯が強いというか…美丈夫・オレ様な大の男が振り回されるサマは愉快でしたー。w

ちなみにジェイクはほかの二人とは違った環境で育ちました。それは…母親が「まとも」な女性ということ。(笑)


▼ラミレス家の花嫁を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】




■ラミレス家の花嫁Ⅲ・あらすじ

ラミレス家の花嫁Ⅲ
カタリーナ・メンデスは待ち望んでいた。

遺言により両親の遺産を受け取れる21歳の日を。


ラミレス家の花嫁Ⅲ自由の身になる日、それだけを希望に8年の修道女学院暮らしを耐えてきた。

自由になれるはずだった21歳の彼女につきつけられた相続の条件とは…。


ラミレス家の花嫁Ⅲ
信じがたい内容にがく然とするカタリーナ。

それは、後見人の選んだ相手と2カ月以内に結婚するというもの!?

(前)後見人だったエンリケ・ラミレスが、遺贈を受領の条件を追加していたのだった。


ラミレス家の花嫁Ⅲ
そして、新後見人はジェイク・ラミレス、エンリケの息子。

みすぼらしい容姿のカタリーナに花婿をあてがうという難題に嘆息するジェイク。


ラミレス家の花嫁Ⅲ
あるだけの知恵を振り絞って鎖を断ち切ろうとあがくカタリーナ。

他人の選んだ男と結婚なんて、絶対お断りよ!!


ラミレス家の花嫁Ⅲ
修道院育ちの世間知らずでも、自由を切望しあきらめないカタリーナ。

だが、NYへ連れていかれたら望まぬ結婚から逃れることはできない!!

手をやくジェイクだったが、思いのほか美しい彼女の容姿を目の当たりにして…??

囚われの姫・カタリーナは待ち望んだ自由をその手にできるのか!?


▼ラミレス家の花嫁配信中!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】




■ラミレス家の花嫁Ⅲ・作品概要

コミックタイトル:ラミレス家の花嫁 Ⅲ 麗しきレッスン
作画:アリスン
原作:サンドラ・マートン
カテゴリー:ロマンス/ラブストーリー/ハーレクイン/結婚/大富豪
出版社:ハーレクイン
レーベル:ハーレクイン
配信中電子コミックサイト:コミック・シーモア
対応端末:Androidスマホ/Androidタブレット/iPhone/iPad/Windows-PC/Mac-PC
既刊単行本:~第1巻(1巻完結)

PR