春の呪い/小西明日翔



若くして亡くなった妹・春の残した婚約者と、結婚を前提に交際する姉という、込み入ったプロットの作品が『春の呪い』。

独特のタッチに眼を引かれる作画は、本作がプロデビューとなる小西明日翔先生によるもので、本作は一迅社の少女漫画誌・ZERO-SUM(ゼロサム)で掲載されました。

また、単行本のリリースと共に話題を呼び、ネットだけでなく広く漫画好きからの注目を集めた作品です。

▼「春の呪い」を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


本作のタイトルは『春の呪い』とホラーみたいですが、中身は歴としたヒューマンなお話しです。

ディープな設定と風変わりな心象風景が、奇妙で魅力的な「味」を醸し出しており、幅広い年齢層、性別関係なく楽しむことのできる傑作だと思います。

春の呪い・あらすじ(ネタバレ注意)



妹が亡くなった。彼女の名は春。わずか19歳だったのに・・・

親から冷遇されていた夏美にとって、春は家族の中で唯一気を許せる相手だった。



その春のお葬式で、妹の婚約者・東吾は夏美に交際を申し込む。

全ては東吾の母親の差し金と知りつつ、わだかまりを抱えたまま彼の申し出を承諾する夏美。



早逝した妹が恋い焦がれた男・東吾。春が愛した東吾との交際。

しかし、東吾にとって春との交際は親の都合によるものだった。

妹の残した想いを心に抱えたまま、夏美と東吾の季節が巡り始める。

▼「春の呪い」を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】

春の呪い・レビューと感想



姉の女性心理と、早逝した妹・春の残した人間関係や「想い」を丁寧に、大事に織り上げた、手編みのレースみたいな作品が「春の呪い」

ディープな設定であっても、淡々と夏美の想いや生活が描かれてゆきます。

夏美も東吾も親の呪縛がからんでいるという事情は同じ。自由奔放にはふるまっているように見える夏美も実は、親のエゴに縛られている・・・

そのうえ、最愛の妹・春の残した東吾への想いを知っているという「呪い」がかけられてしまった、夏美の人生。

親・妹、二重の「呪い」と、夏美はどのように向き合うのでしょうか・・・

色々考えさせられる作品ですが、後味は悪くありません。少女漫画に限らず、漫画好きなかたならぜひ。

▼「春の呪い」配信中!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】

春の呪い・作品概要


作者名: 小西明日翔
作品名:春の呪い
雑誌: コミックZERO-SUM(ゼロサム)
出版社: 一迅社
ジャンル: ラブストーリー/少女マンガ/ヒューマンドラマ
対応端末:PC・iPhone・iPad・Android・AndroidTab
この少女マンガの配信サイト:コミックシーモア
既刊単行本:1巻、2巻(完結)
PR